読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁護士山下瞬の自立したい!

お役所仕事にならぬよう、お役所で働く弁護士の日々を綴ります。

支えられています。はい。

 小山市役所の中で弁護士職員は私だけなのですが、そんな私が、法律相談を受けていて判断に困ったらどうするか(うちの自治体にはほとんど法律書がないので、リサーチにも限界があると思ってください。自費購入持ち込みです。)?

 まず、相談者に聞いちゃいます。法律の知識は、(一応?)私の方がありますが、相談者自身、行政のプロですから、行政知識は豊富です。なので、あれこれ事情を聴いてあげ、「法的な考え方」をちょっと教えてあげると、解決の糸口が見えることが多いです。

 それから、同僚にも聞いてみます。うちの同僚さんは、優秀なので、議論している中で、自己解決したり、ヒントをもらったりできるんです。これまでのところで、だいたい9割くらい対処できるでしょうか。

 それじゃあ、解決しない1割くらいはどうするかというと、顧問弁護士の先生に質問しちゃいます(ここも他力本願…)。

 おそらく、多くの自治体が顧問弁護士制度を採用していて、いつでも相談できる弁護士さんがいるのが普通です。小山市も2人の顧問弁護士の先生と契約をしており、お二人とも大先生なのですが、気軽に相談に応じていただいています。虎の威を借るじゃないですが、後ろに親分2人が控えてくださる安心感があるから、何とかやれるんですよね。

 また、顧問の先生以外でも、法科大学院や司法修習時代の人脈にも支えられています。弁護士や大学教授の先生は、人がいい人種なのか、教えを乞うて嫌がられることは、まずありません。

 それから、意外と法律以外の人脈が頼りになりますね。法律相談は、単に法律や行政の知識だけで解決するものばかりではありませんので、各分野で活躍する旧友は、頼りになります。加えて、違う分野で頑張っている旧友の話を聞いて、こちらも奮起するって意味でもいいですよね。

 結局、1人で解決できることなんて少ないんですよね。自治体内弁護士は、普通の弁護士さんよりも、人の助けのありがたみを感じているのかも知れません。

 な~んて、久しぶりに、高校時代の同窓と電話で話して、殊勝にも考えてみたのであります。

 明日は、ラムサール条約湿地「渡良瀬遊水地」登録4周年記念のWA-OTO~わたらせに響く和のハーモニー~コンサートに行ってきます!PRでした!

http://www.oyama-bunkacenter.jp/schedule

広告を非表示にする