読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁護士山下瞬の自立したい!

お役所仕事にならぬよう、お役所で働く弁護士の日々を綴ります。

告知(平成28年度及び平成29年度における固定資産税及び都市計画税の軽減について)

 4月28日の臨時記者会見で大久保市長が発表されたとおり、小山市では、平成27年関東・東北豪雨災害(以下「豪雨災害」といいます。)により被災された方の負担を軽減するため、平成28年度及び平成29年度の固定資産税及び都市計画税の軽減を実施する予定です(被災状況によって軽減率が変わります。)。

 小山市税条例(昭和29年条例第7号)、小山市都市計画条例(昭和31年条例第34号)に基づく市税の減免に関するルールは、小山市税減免規則(昭和45年規則第17号)に定められているところですが、今回は、同規則第1条に規定する別段の定めとして、豪雨災害に特化した規則を制定します。

 豪雨災害により被災された市民のみなさまには、申請書を同封したご案内が送付されていると思いますので、同申請へのご協力をお願い申し上げます。

広告を非表示にする