弁護士山下瞬の自立したい!

お役所仕事にならぬよう、お役所で働く弁護士の日々を綴ります。

自治体内弁護士交流会について

 先日、東京の弁護士会館で、自治体で働く弁護士の交流会がありました。

 先週が大阪で、主として西日本の自治体内弁護士が対象であり、今回は、主として、東日本の弁護士が対象でした。修習時代お世話になった東京都の先生や被災地支援の先生方に久しぶりに再会し、御礼を申し上げることができました。

 現在、日弁連では、職域拡大の分野として、自治体における活動に注目していて、こうした交流の場や研修の機会を積極的に提供してくださり、本当にありがたく感じています。

 ただ、事前アンケートで多くの自治体内弁護士が指摘していた弁護士登録費用の問題など、穿った見方をすれば、日弁連に都合の悪い問題は避け、新行政不服審査法下での審理員業務への進出など、日弁連の意図に沿った形で意見交換会が構成されていたように感じられたところは、少々残念ではありました。

 日弁連には、後に続く方のためにも、困難な問題に対しても、しっかりと向き合っていただきたいと感じた次第です。