弁護士山下瞬の自立したい!

お役所仕事にならぬよう、お役所で働く弁護士の日々を綴ります。

祝!初テレビ出演!

 ワタクシ、弁護士として、テレビに初出演することになりました!イェイ!

 といっても、おやま行政テレビの「市役所からこんにちは」という、広報番組であり、PRしたのは、4月からはじまる新しい行政不服審査法の紹介です。

 法律家の方は、すでにご承知かと思いますが、公正性の向上・使いやすさの向上という観点から、約50年ぶりの法改正が行われました(詳細は、総務省HPをご参照ください(URL:http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/gyoukan/kanri/fufuku/))。

 小山市もこの改正に伴い、関係する例規の改正作業に追われましたが、係員の奮闘で何とか4月の制度開始に間に合いそうです。

 行政不服審査法は、国民が、行政庁の違法または不当な処分(税金の課税等)に対して、文句(不服)を言う(申立て)ことのできる権利を保障している法律です。

 もしかすると、「お役所って、批判を恐れるのに、何でこの制度のPRをしているの?」と思われるかもしれません。もちろん、市民の方へ権利救済の制度をお知らせするのが第1の目的です。

 ただ、この制度は、「国民の権利利益の救済」のみならず、「行政の適正な運営」の確保も目的としています(第1条)。つまり、この制度を通じて、行政庁は、今一度頭を冷やして考え直す機会を与えられるので、行政側にとっても本当はメリットがある制度なのです。新制度が法の目的に近づくためにも、まずは、制度の内容を知ってもらわなければなりませんので、引き続き周知に努めたいと思います。

 ちなみに、「市役所からこんにちは」への登場は、4月1日~10日までの、6、9、12、15、18、21、0時(多い!笑)です。

広告を非表示にする